2019年暑中特集 全14ページ

良質なストックを次代に

 住宅・不動産業を取り巻く環境が大きく変化している。我が国は本格的な少子高齢・人口減少社会に突入し、住宅需要も将来的には先細ることが予想されている。この10年、国の住宅政策はストック重視に舵が切られ、良質なストックをきちんと手入れして長く使うために、長期優良住宅の普及、中古住宅流通・リフォーム市場整備などが進められてきた。一方で、既存ストックのなかには、十分な性能を持っていなかったり、今のニーズに合わないものも少なくない。こうしたストックを、用途転換などを含めて再生・再構築したり、新たなニーズに対応した活用策を探ることも住宅・不動産業界の役割である。


PR

暑中お見舞い申し上げます


PR