行政

その他

データフラッシュ、フラット35上半期調査、中古での利用が増加

 住宅金融支援機構が発表した2015年度上半期のフラット35利用者調査によると、12年下半期以降、中古住宅(戸建て、マンション)の利用割合は増加傾向にあり、年齢別では40歳以上で中古住宅での利用割合が高かった。  中古住宅の利用割合は40歳未満で16.0%、40歳以上で23.7%を占め、ともに微増ながら右肩上がりの上昇が続いている。  マンション1戸当たりの平均購入価額は、前期の3782万円より4 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年11月30日