その他

連載

ざっくりわかるニュースの要点(ツボ)、消費者契約法見直し、賃貸解約後の明渡しに影響も、違約金の上限が賃料同等に

 消費者契約法の見直しが難航している。今回の見直しは、情報通信技術の発達や高齢化の進展による社会経済状況の変化に対応するとともに、次期通常国会で成立が見込まれる民法改正やこれまでの裁判例を踏まえた内容にすることを目的に、契約締結過程と契約条項の規律を改正する。  当初は8月にとりまとめる予定だったものの、8月の発表は中間とりまとめの形をとった。その中間とりまとめに対しても、多くの業界団体から影響の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年11月30日