その他

その他

寄稿、「生き方は住まい方」、死んだら土に返るが大切な時代

 長年、住まいづくりに携わってきて思うことがある。「生き方は住まい方」にあらわれるということである。マンションを選んだ人たちは、これまでの戸建て志向とは異なる「生き方」を志向されているのでは?  「墓じまい」という言葉を聞いたことがある人も多いと思う。年間8.8万件の改葬が行われ、個人で墓を維持するのではなく、集団での供養に移行したり、自然葬を選択するなど墓は持たない選択をする人も増えているとのこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年11月30日