行政, 賃貸管理

その他

賃貸市場整備研/サブリース事業の適正化方策を検討

 国土交通省の「賃貸住宅市場整備研究会」第5回会合が3月25日に開かれ、紛争防止方策、入居円滑化方策、定期借家制度の普及方策、賃貸借契約関係の適正化の4つのワーキングチームの検討結果報告が行われた。\n 特にサブリース事業の適正化方策については、「安定的な賃貸借関係を構築し、入居者の保護と賃貸住宅経営の安定を図るためには、悪質な事業者を排除し、サブリース市場が健全に発展する方策が必要」とし、定期借 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年4月15日