開発

その他

光触媒利用の水浄化装置開発/三井不動産

 三井不動産は光触媒(酸化チタン)の殺菌機能を利用した、水浄化装置を開発した。テクノコア、船山、信州セラミックスとの共同開発。\n 筒状の装置の中に、価額分解を誘発する光の源である蛍光灯と、酸化チタンを付着させたスクリューを設置し、装置内を通過した水がスクリューに触れることで浄化される仕組み。\n 同社では今後、新規開発するオフィスビルや保有・管理する既存オフィスビルの鑑賞池や噴水にこの装置を積極 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年4月15日