行政

その他

東村山駅西口市街地再開発/都が組合設立を認可

 東京都は「東村山駅西口地区第一種市街地再開発事業」に取り組む組合の設立を認可した。公益施設と建築物の一体的整備で都市機能を強化。良好な住宅も供給する。\n 地区面積は約1・04ヘクタール。住宅や店舗、公益施設などが入る、地上27階・地下1階、高さ約97メートル、延床面積約2万8510平方メートルの高層ビルを建設する。総事業費は約104億円。今年10月に着工、平成19年3月に竣工の予定。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年4月22日