その他

社説

【社説】入居者第一に説明責任持て

 賃貸住宅の退去時にクローズアップされる原状回復。賃貸借契約で最もトラブルとなっているものだが、国交省がこのほど原状回復のガイドラインを改定したことにより、あちこちで勉強会やセミナーが開かれている。\n 自分の周りを見ても賃貸入居者の多くは、なぜ敷金がほとんど戻ってこないのか―と疑問を感じつつ、敷金精算に応じていたようだ。多くの入居者は、賃貸に関する知識が少ない、ということを前提に、賃貸のプロであ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年4月22日