行政, 不動産流通・売買・仲介

連載

平成16年地価公示/注目地点を歩く(3)/中央区銀座・中央/中心部は着実に回復

 日本国内の「歓楽街」で最高ブランドとされる東京・銀座。江戸の昔から銀座の土地の値段は「土一升、金一升」と称されてきたように、土地の右肩上がり神話を象徴し続けてきた。\n だが、土を金に変えましょうとは、錬金術師たちの口上。銀座における「モノの値段」とは、その多くがフィクションだ。コップ一杯のウーロン茶を、フランスワイン並みの値段に変えてしまう「銀座の魔力」は復権したのだろうか。\n 数寄屋橋交差 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年4月29日