資格・試験

連載

宅建試験/主要3分野過去問講座 基礎編(8)

[問題]【権利関係8賃貸借・借地借家法】\n\n■賃貸借(平成10年度)\n【問題22】 AはBから建物を賃借し、Bの承諾を得て、当該建物をCに転貸している。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。なお、Aの支払うべき賃料の額は、Cの支払うべき転借料の額より小さいものとする。\n(1) AとBとが賃貸借契約を合意解除した場合、AC間の転貸借契約は、その前提を失うため ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年5月6日