分譲

特集

【特集 明日のマンション開発を考える/ワンルーム】ついに面積制限や新税導入/ワンルーム業界は大丈夫なのか

 ワンルームマンション市場はここ数年、年間供給量が8000戸を超える水準で推移、バブル期を上回る勢いで拡大している。バブル期に見られた転売差益目的ではなく、ペイオフ解禁や年金不安などを背景に、賃料収入という「長期で確実な利回り」が期待できるという特有の商品性が脚光を浴びているためだ。こうした市場ニーズは“モノ作り”の面にも反映され、「いまや仕様・設備は高級マンション並み」(業界関係者)。が、一方で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年5月6日