分譲

特集

【特集 明日のマンション開発を考える/景観権】

■「景観権」と建物の“高さ”/「深沢ハウス」と「国立」問題にみる/新法の成立がカギ\n\n そもそも「景観権」とは何か―。「景観」という語句を辞書で引くと「人間の視覚によってとらえられる地表面の認識像」とあり、山川、植物などの自然景観と耕地・交通路・市街地などの文化景観に分かれる。ここでいう景観とは後者の文化景観であり、都市景観を指す。この景観が条例化され、いまや全国各地で施行されているが、法律に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2004年5月6日