ハウス・住設

その他

CLTとRC造の平面混構造、ナイス事務所棟宮城材復興のシンボルに

ナイスは16日、仙台物流センターの事務所棟を竣工した。同施設は、東日本大震災で6メートル超の津波により壊滅的な被害を受け、震災直後から仮設事務所で業務を行っていた。 同施設は、宮城県の木材産業の振興に寄与し、復興のシンボルとなるよう、宮城県初のCLT建築とした。CLTのラミナ(挽き板)には、「優良みやぎ材」の認定を受けた宮城県産スギ材を使用した。 室内は、CLTの特徴を生かした木質感のある空間 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日