行政

連載

【連載】弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(265)、共同住宅と別筆の私道、相続税は、宅地に戻せるため減価の理由なし

【はじめに】 平成20年3月19日、Aが死亡し、Xらが共同相続した。本件土地は、インターロッキング舗装で幅2メートルの歩道状空地で遺産の一部だった。 Aは、生存中の平成14年11月、相模原市長から都市計画法所定の開発計画の許可を受けて共同住宅を建築する際、開発行為等指導要綱を踏まえた市の指導により、本件土地を共同住宅の敷地とは別に私道に接する形で整備した。 本件土地は、市道との間には段差があ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日