その他

連載

【連載】取引紛争の事例と解決(226)、(一財)不動産適正取引推進機構、亡父になりすました第三者が売買契約、所有権移転登記などの抹消を求めたい、真の所有者の請求容認、虚偽の外観作出に関与せず

土地を相続しましたが、亡父とその土地を購入した会社との間の売買契約は、亡父になりすました第三者によるものです。同社等に所有権移転登記の抹消等を求めています。  (X氏、52歳、会社員) 【苦情の内容】 Aは、平成26年8月に死亡し、長男であるXが相続により本件土地を取得しました。 Y1は、平成25年10月、Aから売買を原因として本件土地の所有権移転登記1を行い、Y2は、同年11月、Y1か ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日