その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(233)遺言の印鑑について、印の種類、押印場所に規定なし、入れ替え防止へ契印を推奨

皆さま、「花押」ってご存知でしょうか? 「昔のお殿様などが手紙の後にサラサラって描く絵のような文字のこと」のようである。 「押印の代わりに、花押を書いた遺言書が有効かどうか」が争われた裁判があった。 最高裁判決では、「花押を書くことは、印章による押印とは異なるから、民法968条1項の押印の要件を満たすものであると直ちにいうことはできず、遺言は無効」とされました。 遺言に捺印する印鑑は、認印 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日