その他

連載

【連載】不動産投資家のための知って得する税金塾、162、不動産売却時にかかる税金(2)、取得費不明の場合は市街地価格指数を活用

個人が不動産を売却した場合の譲渡所得の計算は、「収入金額|(取得費+譲渡費用)」によるが、売却した不動産の取得時期が古いことや、資料を紛失してしまったなどの理由により取得費が不明のケースも想定される。そこで、今回は取得費が不明な場合の対応策について説明する。 国税庁ホームページには、取得費の額を売却額の5%相当額(いわゆる概算取得費)とすることができる旨の記載がある。裏を返せば、売却額の95%に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日