不動産事業者の資金対策を支援/金子一義国土交通相

 金子一義国土交通相は8日、住宅・不動産の景気対策として①健全な事業を営む住宅・不動産事業者への資金支援②住宅取得者の負担軽減策--について新たに取り組む考えを明らかにした。同日、官邸で麻生首相から指示を受けた。09年度の予算・税制に反映させるため、早急に内容を詰める。
 事業者の資金支援では、これまでの経済対策に盛り込んだ中小企業向け保証枠では対応が難しかった不動産向け融資を円滑化を図る。住宅金融支援機構などを活用する。
 大都市圏の都市開発事業についても、新たな金融支援の枠組みを検討する。
 住宅取得者向けでは、住宅金融支援機構を活用。金利や償還期間などを優遇する。これまで検討してきたローン減税や投資型減税に加えて、新たな施策を実施することで住宅需要を下支えする考えだ。
 金子国交相は「不動産業界は資金繰りが悪化し黒字倒産も見受けられる状況。待ったなしの問題として、早急に具体策を取りまとめたい」と述べた。


公開日: 2008年12月9日