リフォーム事業者団体を新設、登録と300社目指す/ステキ信頼リフォーム推進協

リフォーム事業者に向け、新たな一般社団法人「ステキ信頼リフォーム推進協会」が発足した。会長には、坂本雄三・東京大学名誉教授が就任した。

すてきナイスグループの平田恒一郎会長が最高顧問を務めるNPO「住まいの構造改革推進協会」の事業を継承し、既存住宅の性能診断(インスペクション)や認定、リフォーム事業者の人材育成や、国産材の利活用、既存住宅購入者の保護など、情報提供や啓発活動などを展開する。同NPOは、既存住宅の耐震化関連事業に特化する。

現在の会員数は、リフォーム事業者、工務店なや関連団体など155社。来年11月に、国土交通省の「住宅リフォーム事業者団体」への登録申請登録に向け、会員数300社を目指す。

坂本会長は、「住宅政策はこれまでの〝量の確保〟から質的向上や長寿命化へ方針転換を図る一方、リフォーム業者の現状は、いわば〝玉石混合〟。事業者団体登録制度も普及の途上にある。業界の健全化のためには、地道に活動を継続するほかない」と抱負を述べた。


公開日: 2017年11月6日