住友林業、インドネシアで戸建160棟開発

住友林業は100%子会社のSumitomo Forestry(Singapore)(SFS社)を通じ、インドネシア共和国で、戸建分譲住宅事業を開始する。同社の東アジアでの戸建分譲は初めて。

現地の大手総合デベロッパー・Summarecon Agung(スマレコン社)との共同事業。同社と合弁の特定目的会社(SPC)を設立し、ジャカルタ郊外の都市ブカシで約160戸の戸建住宅を開発する。SPCの出資比率は、スマレコン社が51%、SFS社が49%。

スマレコン社が2010年から開発を進めるエリア内の敷地約4万4000平方メートルに鉄筋コンクリート造の2階建てを供給する。

インドネシアでは安定した経済成長のもと、首都ジャカルタの人口増加傾向や交通インフラの整備に伴い、郊外の戸建住宅のニーズが上昇している。同開発予定地も、ジャカルタ中心部から鉄道で約25分の15~20キロ圏に所在する。第1期販売開始は18年7月のを予定。21年中の販売完了を目指す。総投資額は約3000万ドルを予定している。


公開日: 2017年11月6日