東急リバブル/孤独死など損害補償、賃貸管理サービス拡充

 東急リバブルは112日、賃貸管理サービスの内容を拡充した。エポスカードと協業して賃料収納代行や滞納賃料保証、設備故障の取次ぎを行うサービス「シンプルプラスワン」にエポスカードの賃料保証サービスを追加した。管理などの共用費や駐車場代などの滞納費にも使える。

 同プランを利用する貸し主には、従来の内容に加えて居住用物件に入居者の孤独死・自殺・犯罪死により発生した損害補償が付く。同サービスを適用した物件の借り主は、月々の賃料などをエポスカードで支払うことができ、200円につき1ポイントが加算される。貯まったポイントは、月々の保証料金の支払いに充当できる。

 対象物件は、居住用と事業用に対応する。

 


公開日: 2018年1月12日