楽天LIFULL STAY/3月15日に民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)で物件登録開始

民泊事業の楽天LIFULL STAY(東京都千代田区、太田宗克社長)は、住宅宿泊事業法(民泊法)施行(6月15日)に向けて届出の受け付けが始まる3月15日に合わせて、同法施行後に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)に掲載する国内民泊施設の登録受付を開始する。

同社は、昨年3月の会社設立以降、「ブッキング・ドットコム」「ホームアウェイ」「途家」「AsiaYo.com」といった民泊・宿泊予約サイトを運営する海外企業との提携を進めてきた。これらサイトを通じて、Vacation STAYに掲載する国内民泊施設を予約できる。在庫連携は、サイト開設時より順次開始する予定。

また、今年9月ごろをめどに楽天が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」にVacation STAYに掲載する国内民泊施設の在庫も供給する。楽天トラベルを通じて、日本のホテルや旅館、ビジネスホテル、ホステルに加えて民泊施設も選択肢として検討できるようにする。


公開日: 2018年1月17日