リクルート住まいカンパニー/Airbnbと民泊で業務提携

不動産情報サイト「SUUMO」(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニーは、米大手民泊仲介サイトのAirbnbと業務提携し、民泊ビジネスに参入する。従来通りスーモ上で入居者募集することに加え、物件の空室時に住宅宿泊運営の提案を行う。Airbnbサイトでの集客だけでなく、集客につながる特別サイトなども展開する予定。

物件オーナーが民泊運営する場合は、同社と提携契約を結んだ住宅宿泊運営代行会社を利用し、Airbnbなどのホームシェアリングプラットフォームを通じて世界中の利用者から集客できる。民泊参入で賃貸管理会社や賃貸オーナーの収益向上につなげたいという。

リクルートと提携する民泊運営代行会社は、家財手配や住宅宿泊ルール作成、保険加入等などの開始準備を始め、Airbnbやその他民泊プラットフォームへの物件情報掲載、予約受付、宿泊者の問い合わせ対応、鍵の受け渡し、クチコミ管理、帳簿管理、清掃・リネン準備などを担当する。


公開日: 2018年1月18日