東建コーポレーション/収納2.1倍の賃貸新商品を投入

東建コーポレーションは2月1日、同社初の高耐震木造ツーバイフォー工法を使った賃貸マンション「2×4・ユーロピュアF3」を発売する。2×4木造工法の7番目の商品で、木造3階建てとしては初めて。

収納のスペース不足や使い勝手が悪いといった収納に対する不満が多い賃貸住宅の課題解決を重視した収納をキーワードに供給する。

収納スペースでは、専門のアドバイザーの協力をもとに作り、同社がこれまで供給してきたものより2.1倍の広さとなる。2018年度の売り上げ目標は全国150棟を予定する。


公開日: 2018年1月31日