レオパレス21/AI導入で全国57万戸の部屋賃料を算出

レオパレス21は、AI inside(東京都渋谷区、渡久地択CEO)と人工知能(AI)を使って賃料設定のサポートと物件運用の最適化を図る賃料査定システムを開発して導入した。同システムの導入によって全国の管理物件(約57万戸)の1部屋ごとの賃料を機械的に算出できる。全物件を対象にAI賃料査定システムは業界で初めてという。

管理物件の賃料査定では、レオパレス21が蓄積してきた賃料設定データに加え、基礎情報や立地条件、周辺情報、その他の外部要因などの大量なデータをディープラーニング(深層学習)技術を使う。

物件査定システムを使うことで入居者に透明性の高い賃料での部屋が提供できるほか、契約実績やその他外部要因を分析・学習して物件の市場での値動きを予測することも可能とする。基本的に情報収集といった業務が自動化され、業務コスト削減と軽減された業務時間を顧客サービス向上に振り向ける。


公開日: 2018年2月8日