南海電鉄/赤坂にカプセルホテル型宿泊施設 5月10日開業

南海電気鉄道(南海電鉄)は、カプセルホテル型の宿泊施設を都内に5月10日開業する。カプセルホテル運営のナインアワーズ(東京都港区)が「ナインアワーズ赤坂」として運営する。インバウンドや観光、ビジネス需要を取り込む。

地下鉄の赤坂駅と赤坂見附駅から徒歩4~5分の立地に総客室168室(男性80・女性88)を用意する。延べ999平方㍍。24時間・年中無休で営業する。

都心で高品質のトランジット(通行)サービスという独自のカテゴリーで利用者にアプローチする。宿泊客だけでなくても利用できめるコーヒースタンドも併設する。滞在中のシャワーや睡眠、身支度の3つの基本行動に特化したサービスを提供する。著名デザイナーとコラボレーションしている。

閉鎖的なカプセルホテルのイメージを払拭し、開放的で自然光を取り入れる明るい空間作りが特徴。構造は、上下を90度回転させて4つのカプセルで構成した2.4㍍角のキューブを1単位とし、それをランダムに積み上げた概観となっている。

宿泊は4900円から。13時チェックイン、翌日10時チェックアウト。仮眠は1000円からで最初の1時間を1000円とし、以後1時間ごとに500円追加する。利用は13~21時まで。シャワーは700円で、チェックインから1時間以内にチェックアウトする。仮眠とシャワーだけの利用もできる。


公開日: 2018年2月16日