東京カンテイ/中古戸建て首都圏1月価格、横浜・川崎が価格上昇けん引

東京カンテイは2月19日、主要都市圏・都市別に中古木造戸建住宅の1月の価格動向をまとめた。首都圏を見ると、平均価格は3430万円で前月比12.6%と2桁上昇した。都県別では、東京都が5625万円(同5.9%下落)と3カ月続けて落ち込んだものの、神奈川・埼玉・千葉は上昇。神奈川は3698万円で同20.5%と大幅に上がり、埼玉が2410万円(同5.5%上昇)、千葉が2196万円(同3.9%上昇)だった。

主要都市では、東京23区が9421万円(前月比4.1%下落)となり、都下が3753万円(同1.7%下落)だった。23区は下落したものの9000万円台半ばの高水準となっている。

横浜市は4563万円(同15.9%上昇)、川崎市が2669万円(同11.5%上昇)とともに2桁上昇となった。相模原市は、2669万円(同6.6%上昇)と続伸。千葉市も2673万円(同1.5%上昇)と反転上向き、さいたま市が3413万円で同6.1%と2カ月連続で上昇した。


公開日: 2018年2月19日