スタイルアクト/マンション選び、男性は資産性、女性は環境・設備を重視

マンション情報サイト「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクト(東京都中央区、沖有人社長)は、「マンション選びにおいての男女の思考の違い」をまとめた。住まいサーフィン会員の男女575人を対象に昨年9月に調査したところ、全体的にマンション購入を検討するときに男性は資産性、 女性は環境や設備を重視することがわかった。

学区や年収、保育園に入りにくい駅や、管理会社の調査、住み心地満足度調査では男性より女性のほうが重視している割合が高く、子育てや日々の生活を考えてマンション選びをする傾向があった。

女性が具体的に相談したい内容は、「建物や設備のこと」の項目が男性と比較して16%高く、物件の細かいところまで確認したい希望があることがわかった。共働きで家事や育児に積極的に協力する男性が増えていても、まだ女性が家庭内の仕事を担う割合は高いという実態が女性の設備に対するこだわりに影響しているという。

マンション購入後に聞いた「失敗した」と感じる内容では、男女ともに音に関する問題が多かった。購入前に24時間居住環境を確認しく入居してから気付くことが多いからとした。


公開日: 2018年2月25日