三井不リアル、NTT東日本など/災害支援機能付きの自販機を豊島区13カ所設置

三井不動産リアルティとテルウェル東日本、NTT東日本の3社は、フリーWi-Fi接続機能を備えた高機能自動販売機を時間貸し駐車場「三井のリパーク」に導入し、災害支援や観光客の利便性向上から地域貢献型の拠点として展開する。

東京都では初めて、NTT東日本と豊島区が展開する「TOSHIMA Free Wi-Fi」エリアに13カ所の三井のリパークに設置し、3月下旬から各種ICT(情報通信技術)機能を提供する。ICTでは、無料インターネット接続として、自販機の半径25㍍以内でスマートフォンとパソコン、タブレット端末などが利用できる。災害時には時間制限なく接続が可能になる。災害支援機能として、有事の際に電力がストップしても自販機の貯蔵飲料を無償提供する。

各種携帯端末を使いQRコードを読み取ることで消費者が設定している言語に合わせて翻訳した駐車場利用も表示する。


公開日: 2018年3月1日