伊藤忠都市開発/世田谷松陰神社前に女性ファッション誌とのコラボ賃貸マンション完成

伊藤忠都市開発は、幻冬舎が発刊する女性ファッション誌「GINGER(ジンジャー)」とのコラボレーションによる部屋を組み込んだ賃貸マンション「クレヴィアリグゼ世田谷松陰神社前」(50戸)を開発した。

東急世田谷線「松陰神社前」駅から徒歩4分。個人が所有していた土地を仕入れ、鉄筋コンクリート造9階建ての規模を開発した。間取りは1DK~3LDK(25~55平方㍍)をそろえた。1DKが最多の35戸となり、1LDKが8戸、ファミリータイプ(2LDK・3LDK)が7戸となる。月額賃料は9万9000円(共益費1万円)から22万5000円(同1.5万円)を用意し、中心帯の賃料は10万円台半ばとなる。

1月から入居募集を始めて3月15日現在35戸が成約済み。7割稼働と好調な滑り出し。男女比率は半々。20代が4割強を占め、1対2で女性の比率が高い。ファミリー7戸のうち5戸の入居者が決まっており、40~50代の男性からの引き合いが強いという。

ファッション誌とのコラボで30代前後の単身女性をターゲットに「スキルアップ」と「セラピー」の2タイプを作り上げ、2戸に組み込んで〝大人女子の部屋〟を用意した賃貸マンションとしてアピールする。スキルアップ型は、勉強スペースとして使えるカウンター付きのL字型キッチンを備えて自分磨きをコンセプトとする。セラピー型は、仕事の疲れを癒すバスルームを備えてコンセプトを木の温もりと光の演出で安らぐ部屋とした。


公開日: 2018年3月15日