レオパレス21/KDDIと実証実験、賃貸アパート駐車場・ゴミ置き場をIoT監視

レオパレス21とKDDIグループのアイレット(東京都港区)は3月26日、オプテックス(滋賀県大津市)とともに IoTを活用した賃貸アパートの駐車場とごみ置き場の遠隔監視に関する実証実験を開始した。実施期間は4月25日まで。

契約駐車場の不正駐車と時間外のごみ出し・不法投棄は入居者の困りごとの上位。実証実験では、レオパレス21が管理する埼玉県川口市の1棟物件を対象に駐車スペースに設置した地磁気センサーによって駐車有無の検知が可能で駐車がある場合、管理者に自動で通知する。また、ごみ置き場の扉には開閉センサーを設置し、指定時間外に開閉があった場合に管理者に通知する。

通知を受け取った管理者は既存のネットワークカメラで現場の状況を確認でき、時間外のごみ出しや不法投棄を監視可能する。監視状況はクラウド上に管理されるため、パソコンやスマートフォンなどからも確認できる。


公開日: 2018年3月27日