京王電鉄/4月2日から2泊3日予約開始、東京・蒲田の民泊マンション

京王電鉄は4月2日から東京・蒲田で運営する民泊マンション「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」(全14室)で2泊3日からの宿泊予約を開始する。同施設は地上6階地下1階建て延べ578平方㍍。京急蒲田駅から徒歩4分の場所にある。

同社では、外国人滞在施設経営事業(特区民泊)として、大田区から特定認定を受けて昨年2月から民泊事業を開始している。大田区で特区民泊の条例改正が行われたことを受けて従来の宿泊条件である6泊7日から2泊3日に短縮したことに対応する。

新たなサービスとして、宿泊客が滞在中に自由に利用できる無料スマートフォン「Handy」 を貸し出すサービスも併せて提供する。特別な手続きは要らずに客室内に設置されたスマートフォン(1室1台)を外出先で使用できる。家族や友人との国内通話のほか米国や中国、台湾、韓国語などにも無料通話できる。インターネットにも制限はない。

引き続き地域と連携しながら施設の活性化を図るとともに法整備の状況を踏まえ、京王沿線でも民泊マンションを核とした展開を進めて空き家対策やまちづくりに活用するという。


公開日: 2018年3月30日