東日本レインズ/首都圏5月マンション・戸建て、成約減少も価格強含み

東日本不動産流通機構(東日本レインズ、瀬川信義理事長)は6月11日、首都圏5月の不動産流通動向をまとめた。中古マンションは、成約件数が2785件と前年同月比6.6%減少し、3カ月ぶりに1年前の水準を下回った。成約価格は3305万円(同4.2%上昇)で2013年1月から65カ月連続で前年同月を上回った。在庫件数は、4万5713件(同8.2%増)となり、36カ月続けて前年同月を上回っている。

地域別に見ると、東京区部の成約数は1137件(同7.9%減)、多摩が263件(同11.4%減)だった。横浜・川崎市は514件、神奈川県他が188件、埼玉県が339件、千葉県が344件と全てのエリアで成約数を減らしている。

中古戸建住宅の状況も、首都圏全体として価格上昇を伴うものの成約件数が減っている。成約件数は、973件(前年同月比11.5%減)と5カ月連続で前年同月を下回り、価格が9カ月連続で上昇して3133万円(同3.1%上昇)だった。在庫件数は、1万9462件(同8.4%増)となり12カ月連続で1年前の水準を上回った。前月比でも0.6%増えた。

地域別の成約価格では、東京区部が4月に続いて上昇し5574万円(同8.7%上昇)、多摩が3437万円(同4.3%上昇)と9カ月連続で前年を上回った。千葉も同4.6%上昇し1807万円だったものの、残りは1年前に比べて価格が下がっており、横浜・川崎市が3739万円、神奈川県他が2618万円、埼玉県が1988万円だった。

エリア別に成約数を見ると、東京区部が175件(同4.4%減)、多摩が142件(22.0%減)と大幅に下回った。横浜・川崎市は136件、神奈川県他が122件、埼玉県が208件、千葉県が190件だった。神奈川県他が同0.8%増えたものの、残りは落ち込んだ。


公開日: 2018年6月18日