東急リバブル/賃貸マンションに顔認証、初弾「リバーレ東新宿」導入

東急リバブルは、自社で開発・所有する賃貸マンションに顔認証システムを導入する。全額出資子会社のリバブルアセットマネジメントが6月に竣工した地上12階建ての「リバーレ東新宿」(総戸数31戸)に導入した。同物件は、イッツ・コミュニケーションズが提供するスマートホームサービスと連動したIoT住宅の初弾プロジェクトとなる。

顔認証システムの特徴は、エントランスに設置されたカメラに映った人物と登録済の顔写真のデータベースを同時に照合し、解錠可否を識別して作動する。顔認証による解錠が可能となることでICタグやICカードの紛失リスクが軽減する。買い物帰りなど両手が荷物でふさがっている時や、ベビーカーを押しながらでも、エントランスの自動ドアに向かうだけで解錠しスムーズに入室を売りとする。あらかじめ登録された顔情報で本人確認をして解錠することで防犯性も高める。

また、リバーレ東新宿は、各階ごとに自転車置き場を設置しており、自転車を押しながらでも顔認証によりオートロックが解錠できる。

東新宿に続き、日本橋三越前、麻布十番、浅草駒形の開発案件でもIoT住宅の展開と顔認証システムの導入を計画する。これから今後の開発案件には、顔認証による宅配ボックスのロック解除やスマートフォンからの遠隔操作によるカーテンの開閉・風呂の湯張りなど新たな機能の導入も検討する。


公開日: 2018年7月9日