オフィス機器のリコー/VRステージング開始、360度画像での内見が可能

オフィス機器のリコーは7月17日からVRステージングを提供する。住宅の空室画像にバーチャルで家具や小物を配置し、部屋のイメージを具体的に表示する「RICOH360 – VRステージング」として展開する。2014年10月に法人向けクラウドサービスとして始めた「THETA 360.biz」の新サービスとして導入する。同クラウドサービスは、不動産業、観光・宿泊業をはじめ、さまざまな業界から引き合いがあるといい、360度の画像を閲覧できるのが特徴。

今回、新たに追加した「RICOH360 – VRステージング」は、実物の家具のようなリアリティを追求した仕上がりで不動産の空室物件画像にバーチャルで家具や小物を配置し表示することで、物件の内見者に部屋の活用イメージを具体的に持ってもらい早期の成約につなげるのが狙い。実物の家具ではコスト的に難しい豪華な装飾を提示できるのもバーチャルならでは強み。

同社では、「トライアルで住友不動産の賃貸マンションを使ったが、賃貸に限らず分譲・賃貸の双方に対応する。中古に限らず新築も含めて活用してもらえる」と話す。料金は1画像あたり3万4800 円(税別)から提供する。THETA 360.bizの利用料も別途かかる。


公開日: 2018年7月12日