東日本レインズ/不動産流通動向4~6月期、成約減少も価格は上昇続く

東日本不動産流通機構(東日本レインズ、瀬川信義理事長)は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の4~6月期の流通動向をまとめた。中古マンションの成約件数は、3期連続で前年同期を下回り9339件(1.5%減)となった。埼玉県と神奈川県他を除く各地域で前年から減らした。成約数の比率は、東京23区が41.5%を占めている。新規の登録件数は、5万2058件と前年比9.1%増加した。

成約価格は、2012年10~12月期から23期連続で上昇し3331万円(同4.3%上昇)となった。1㎡当たりの単価でも22期続けて上がった。新規登録の単価は前年比1.0%上昇している。

成約物件と新規登録物件の築年数は、それぞれ0.16年と1.38年拡大した。成約物件は平均20.77年、新規登録は24.40年だった。

中古戸建住宅は、成約数が3261件(前年同期比2.0%減)と6期連続で1年前の水準を下回った。多摩、埼玉県、千葉県で成約が減った。

成約価格は3109万円(同3.8%上昇)で3期連続で上回った。横浜・川崎市を除く各地域が前年比で上昇し、東京23区と多摩は3連続で上昇した


公開日: 2018年7月19日