不動産競売流通協会/債務整理物件などの不動産オークション開始

不動産競売流通協会(FKR、東京都港区、青山一広代表理事)は、インターネットを活用した「FKR不動産オークション」を開始する。7月23日からウェブ上で出品・入札希望者の事前登録(無料)を始めた。

9月中旬からオークション物件の掲載・運営を開始する予定だ。出品は無料で受け付ける。落札後の取引金額3%が手数料となる。

期限までに現金化したい物件や一般消費者に向かない物件、債務整理案件など一般の流通マーケットに出てこない不動産にスポットライトを当てて、多くの購入希望者が物件を検討できる入札形式のマーケットを創出して流通を促す。FKR会員限定のクローズドオークションも用意する。

弁護士ドットコムの元榮太一郎会長が代表を兼務する「弁護士法人 法律事務所オーセンス」や日本不動産仲裁機構に登録する弁護士、そのほかの司法書士、税理士などが抱える案件に加えて、不動産業者や不要な不動産を所有する一般個人の出品も可能とする。

買受人は、事前に登録申請し、資格審査を受けて入札参加資格を得た法人・個人となる。落札後の契約・決済は宅地建物取引業法に則って手続きを進める。

FKRは、「メリットとして期限内に売却できることや、FKR会員(宅建業者)が出品して落札もサポート。最低売却価格を決める査定の手伝いもすることがメリットだ」としている。


公開日: 2018年7月19日