スターツグループ/4つ星「ホテル エミオン プノンペン」をプノンペンに開業

スターツグループは10月1日、カンボジア・プノペンでホテルを開業した。現地法人がグループ初となる海外での自社施工・自社運営の4つ星ホテルとして「ホテル エミオン プノンペン」をオープンした。日本で展開するエミオンブランドで、日本の住まいの感覚で滞在できるホテルをコンセプトに展開する。

規模は地上19階建て。メコン川とサップ川が合流するカンボジアの首都プノンペン中心部に位置する。周辺には、カンボジア最大規模のショッピングモールや繁華街、日本大使館が所在する。全240客室は、レジャーや短期出張に適した「スタジオタイプ」と長期滞在向けの1~3ベッドルームタイプで構成され、全室にキッチン、洗い場付きバスルーム、独立型トイレ、ウォシュレットを完備した。

長期滞在者向けに冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機・乾燥機を標準装備するなど快適に利用できるサービスも充実させた。最上階はリバービューを望む朝食レストランを配置してバーやプール、フィットネスジム、キッズルームなどを併設する。セミナーやパーティーなどのビジネス利用も可能だ。


公開日: 2018年10月2日