楽天ライフルステイ/コンテナ型宿泊施設の開発・販売でデベロップ社と提携

楽天ライフルステイは10月12日、コンテナ施設の管理・建設を手掛けるデベロップ(千葉県市川市、岡村健史社長)と業務提携に合意した。楽天ライフルが提供する民泊・簡易宿所向けブランディングと運用代行サービス「Rakuten STAY」のサブブランドであるコンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の開発・販売で提携する。

デベロップ社は、楽天ライフルが監修を行う「Rakuten STAY VILLA」のデザイン・設計・施工を担い、同施設の販売代理店として不動産オーナーへの営業活動を展開する。12日から不動産オーナー向けに同施設への申込受付を開始した。

建築用コンテナモジュール2個以上を掛け合わせた施設を1戸として、最低注文受付数は原則3戸から展開する。土地の形状や用途に応じてデザインしやすい建築用コンテナモジュールを活用したコンテナ型宿泊施設で複数の同施設とテラスやプールなどで構成する。

不整形地でも自由な施設の配置や組み合わせが可能とする。複数の部屋で構成される一軒家タイプに加え、露天風呂や屋外ジェットバス、プールを備えた宿泊施設まで条件や用途に合わせて施設を建築できる。

Rakuten STAY VILLAの1号店を来年春ら沖縄県宮古島市での開業する予定。


公開日: 2018年10月12日