行政

1面トップ

セーフティネット、官民連携で対応、居住支援協議会を拡充、

 高齢者をはじめ障がい者や子育て世帯など住宅確保が困難な状況にある要配慮者への対策が広がりを見せ始めた。2025年に団塊世代が後期高齢者となり、35年には単身高齢者世帯は15年に比べて約160万世帯増の762万世帯に達するなど、世界に類を見ない高齢社会となることが見込まれる。全人口の約6.2%の約788万人とされる障がい者にとっても、住宅確保は依然難しい状況が続いている。子育て世帯を見ると、夫婦と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年11月30日