団体

その他

試験協力機関で会員にまとまり、「公益」「会員支援」にバランス、「空き家対策は協会員が先頭に」、神奈川県宅建協会、坂本久会長

 今年度の宅地建物取引士資格試験の受験者数が全国で2番目になった神奈川県。神奈川県宅地建物取引業協会(坂本久会長)は、今回初めて試験の協力機関を務めた。公益事業と会員支援事業のバランスに配慮しながら協会運営の舵を取る坂本会長に、空き家対策との係わりも含めて、最近の状況を聞いた。  --初めての宅建士試験協力機関を振り返ると  「監督員、現場担当者配置などのために、県内18支部の協力でしっかりとひと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年11月30日