賃貸管理

その他

Rバンク、戸建て活用に注力、相続税制改正で需要増加、延べ100平方メートル以下はシェアハウスに

不動産のリノベーションやシェアハウス運営などを手掛けるRバンク(東京都渋谷区、森村泰明社長)は、築古戸建ての有効活用提案に力を入れる。全国的に空き戸建てが増える中、同社へ活用コンサルティングの依頼が増えていることに対応する。最近はシェアハウスへの転用を希望する空き戸建て所有者が増えているという。 同社は築古遊休不動産や土地の有効活用としてシェアハウスを提案、企画・工事・運営まで一貫して行っている ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年3月27日