お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

楽天ライフル/昭和リースと業務提携、宿泊施設開発でファンド

  • 2018.09.06
  • お気に入り
楽天ライフルステイと新生銀行グループの昭和リースは9月6日、「Rakuten STAY」の宿泊施設開発に対するファイナンス支援で業務提携した。今後、設立する合同会社に対して、昭和リース、ブリッジ・シー・キャピタル、シルバーバックス・プリンシパルは、投資事業有限責任組合を通じた匿名組合出資によるファイナンス支援を実施する。

同ファンドは「Rakuten STAY」の宿泊施設を開発・保有し、楽天ライフルステイに運用代行を委託する。開発に向けての安定的な資金確保や、幅広い資産の事業化に期待する。ファンドのアセットマネジメント業務は、ブリッジ・シー・キャピタルが担う。

まとまった敷地を必要とするホテルなどの建設に比べて、さまざまな場所で効率的な施設の展開が可能なため、新たな宿泊需要を各地域に生み出すことにつなげる。初弾として、楽天ライフルステイがハイアス・アンド・カンパニーと共同開発した戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の施設開発に対するファイナンスを行う予定。同施設は、旅館業法による簡易宿所として運営する。

現在、島根県出雲市、栃木県那須郡などでの施設開発も予定しており、今後も地方都市を中心に展開していく。ファイナンス支援を活用しながら、施設タイプに応じたサブブランド拡充と運用代行サービスを提供する。
TOP