お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

楽天ライフル/茨城県古河市と歴史的建築物活用に関する協力協定

  • 2018.10.10
楽天ライフルステイは、茨城県古河市や茨城県古民家再生協会、バケーションレンタルサイトのホームアウェイ(米国テキサス州)と古河市内にある古民家などの歴史的建築物を活用した事業活動において連携・地域経済の活性化で連携する。10月9日、「古河市における歴史的建築物活用に関する協力協定」を締結した。

協定によって、同市内の古民家をはじめとする歴史的建築物をバケーションレンタル用の宿泊施設として活用することや、国内外の旅行客に向けて古民家や地域の魅力を発信し、長期滞在を促す。

協定初弾として、古河市恩名に所在する築144年の物件を2020年にバケーションレンタル用に改装して宿泊施設として運用する予定。同物件は、東京ドーム2個分に当たる約10万㎡の敷地内に位置しており、一軒家タイプの宿泊施設。古河市と茨城県古民家再生協会が物件情報を提供し、楽天ライフルステイが開業までのサポートや施設の運用代行を担当する。ホームアウェイと楽天ライフルステイは共同で集客といったマーケティングも行う。

また、全国古民家協会(東京都港区)による古民家宿泊鑑定も実施する。

古河市は、都内から電車で約1時間の茨城県西端に位置する。観光庁の調査によると、17年の訪日外国人は61.4%がリピーターという。
TOP