お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

東京カンテイ/中古戸建て価格動向、大阪市4割上昇、京都市5000万円台割込む

  • 2019.03.07
東京カンテイは3月7日、首都圏の中古戸建て住宅の価格動向をまとめた。それによると、2月の平均価格は、前月比0.8%上昇して3741万円と3カ月連続で上昇した。都県別に見ると、東京都は5674万円(同0.2%上昇)と反転上昇となった。一方、神奈川県は4014万円(同2.1%下落)と反転下落した。

千葉県は2259万円(同2.0%上昇)と4カ月連続で上がり、埼玉県も2694万円(同5.8%上昇)と3カ月連続の上昇だった。東京都が再び上昇し、千葉県と埼玉県はともに続伸した。神奈川県のみ反転下落して弱含んだ。

主要都市別で見た価格は、東京23区は前月比7.1%と大幅に下落し、7966万円となり3カ月連続で落ち込んだ。都下も4005万円(同1.6%下落)で2カ月続けて落ち込んだ。横浜市でも4693万円(同1.1%低下)と反転下落となった。

一方、川崎市は同8.8%と大幅に上がり5902万円と3カ月連続で上昇した。相模原市は、前の月の大幅下落の反動により3284万円(同15.5%上昇)大幅に上昇し、3カ月ぶりに上昇に転じた。千葉市は2465万円(同4.7%低下)と3カ月ぶりに落ち込んだ。さいたま市は3311万円(同0.1%)と概ね横ばい推移した。

近畿圏(2府4県)の平均価格は前月比1.7%下落して2563万円と反転下落した。主要府県で見ると、大阪府も2627万円(同0.8%下落)と反転下落した。兵庫県は同5.8%上昇し2777万円となり、3カ月ぶりに反転した。京都府は前の月の大幅上昇の反動を受けて3320万円(同10.3%下落)と2ケタ落ち込み。大阪府と京都府がともに反転下落したが、兵庫県が強含んでいる。

主要都市で見ると、大阪市が前月比41.2%と大幅上昇して5378万円となった。ここ数カ月は乱高下の状態にある。堺市は2574万円(同6.0%下落)と3カ月続けて落ち込んだ。神戸市も2791万円(同2.3%下落)と2カ月連続で下げた。京都市も16.1%と大幅に下落し、4523万円と3カ月ぶりに大きく下落し、5カ月ぶりに5000万円台を割り込んだ。

そのほかの主要都市では、名古屋市が3649万円(同2.9%下落)と2カ月続けて下落した。昨年後半から名古屋市の中古価格が伸び悩んでいる。福岡市も12.4%と大きく下げて3121万円と4カ月ぶりに反転下落した。
TOP