お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

東急リバブル/4月1日から子ども・高齢者見守り活動を開始

  • 2019.03.29
  • お気に入り
東急リバブルは4月1日から子どもや高齢者の見守る活動を全国の店舗網とスマートフォンで開始する。見守りサービスの開発・運用のotta(福岡市中央区)が提供するIoT見守りサービスの基地局として、同サービス提供エリア内の店舗と社員に支給している約 3200 台のスマートフォンを活用する。3月現在、渋谷区、世田谷区、府中市、春日部市、市川市、箕面市、四條畷市でサービス提供地域となっているが、順次エリア拡大とともに導入店舗も増やす。

otta見守りサービスは、子どもや高齢者の位置情報履歴をスマホアプリやメールを通じて保護者へ伝える。子供や高齢者が専用の端末を身に付けて外出すると、端末が発する電波を施設や店舗などの基地局と専用アプリをインストールしたスマホでキャッチする。位置が記録され行動履歴を把握できる仕組み。

リバブルでは、路面店舗を「こども110番の店」に指定して緊急避難場所として提供したり、東京都の「高齢者等を支える地域づくり協定」を締結している。
TOP