お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

JLL/ダイナミックな都市はインド・中国に集中、商業用不動産の期待は大阪トップ

  • 2019.04.23
不動産サービス大手 のJLL(米国シカゴ、クリスチャン・ウルブリックCEO)は、世界の都市活力ランキング「2019年版シティ モメンタム インデックス – テック、透明度、変容」を発表した。世界131の都市を対象に直近3年間の社会経済指標や商業用不動産の指標を分析、短期的な成長モメンタムを調べた。

それによると、世界で最もダイナミックな上位20都市のうちアジア太平洋地域が19都市を占めた。インドと中国の都市が4分の3を占めており、1位と2位にインドのベンガルールとハイデラバード、3位にベトナム・ハノイ、4位に再びインド(デリー)がランクインした。ただ、インドの不動産透明度は依然として低いとした。

そうした中で、日本の都市を見ると、不動産価格の高止まりによって東京から地方都市が投資先としての重要性を高めているとした。特に大阪の注目度が高く、今後数年間は底堅いオフィス需要と限定的な供給による賃料上昇を予想。大阪は25年万国博覧会の開催地であり、インフラ整備や再開発の増加が見込まれるとして、サブインデックスである「商業用不動産モメンタム」で世界トップだった。福岡も4位。福岡は再開発プロジェクト「天神ビッグバン」を通じて、中核となる地域の再興に取り組んでいることが評価を受けている。

同インデックスでは、オフィス需要・賃料、小売り店舗の賃料、ホテル客室料金の直近の変動率と予想変動率、商業用不動産に対する投資額、不動産透明度を反映している。
TOP