お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

東急リバブル/NECと共同開発に着手、投資用マッチングシステム

  • 2020.06.11
  • お気に入り
東急リバブルは6月11日、AI技術を活用して投資用区分マンションと購入希望者をつなぐマッチングシステムの開発に日本電気(NEC)と着手したと発表した。同システムは、今年11月から稼働を予定している。

東急リバブルでは、2014年に東京23区を中心とする投資用区分マンションを専門に扱うチームを創設して活動してきたノウハウを生かす。開発するシステムにAI技術を導入し、同社が保有する物件データ(築年数、利回り、駅距離など)や顧客データ(希望条件や資金計画など)に基づき、物件のおすすめ度をスコア化する。NECの異種混合学習などの機械学習技術を活用。同技術は、多種多様なデータから規則性を自動で発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行う。マンパワーで困難だった複雑な分析も可能とする。
TOP