お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

分譲マンション5月賃料/関東・近畿とも弱含み

  • 2020.06.16
  • お気に入り
東京カンテイは6月16日、三大都市圏・主要都市別に分譲マンションの賃料動向をまとめた。それによると、5月の首都圏は、賃料水準が高い東京都の事例シェアが拡大した影響により前月比0.3%と小幅上昇し、1平方㍍当たり3061円となった。ただ、エリア別に見ると、東京都は3647円(同0.5%下落)となり、千葉県が1603円(同2.2%下落)とともに続落した。神奈川県は2310円(同0.1%下落)と埼玉県が1728円(同1.1%下落)でもマイナスに転じた。

近畿圏では事例シェアの約半分を占める大阪エリアで賃料水準が低下したことで、前月比0.3%下落し、1961円と4カ月ぶりに反落した。大阪府では平均築年数の進行による賃料水準の低下が生じ、その影響から府平均でも0.8%下落し、2196円と5カ月ぶりに落ち込んだ。一方、兵庫県では1684円(同0.1%上昇)と横ばい推移で2月以降安定している。
TOP