お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

リクルート調査/賃貸住宅の敷金10年前の3分の2

  • 2020.09.01
リクルート住まいカンパニーは9月1日、2019年度の賃貸契約者調査の結果をまとめた。 今年6月に実施したところ、部屋探しで見学した物件数は平均2.7件と過去最小となった。不動産店舗への訪問数は同1.5店舗で過去最小の昨年と同じだった。

敷金は平均1カ月だった。前年度比0.1カ月分上昇したものの、10年前の1.5カ月の3分の2まで下落している。敷金ゼロの契約割合は25.5%と前年度(28.1%)との比較で3.5倍ほどに増えている。家賃上昇許容額が高い設備は、独立洗面台、オートロック、システムキッチン、エアコン付きとなり、その許容額は約1700円だった。設備面では、スマートキーの満足度が急上昇している。
TOP